子ぎつねヘレン
解説記事

子ぎつねヘレン あらすじ

<PR>  下北沢の皮膚科・整形外科 新宿の歯科

東京から、北海道で獣医を営む幸次の元に預けられた太一は、ある日母親からはぐれた子ぎつねを拾う。 その子ぎつねは頭に怪我を負い、視覚・聴覚・嗅覚を失っていた。
 幸次たちに見守られながら、太一はヘレンと名付けた子ぎつねを懸命に育てる。
子ぎつねの目と耳が不自由なことに気付いた矢島は、医師としての限界に心を痛める。
 「まるでヘレン・ケラーだ」という矢島の一言から太一は子ぎつねに“へレン”と名付け、やがてヘレンは太一にだけは信頼と友情を示すようになるのだが… 全て読む >> 子ぎつねヘレン

子ぎつねヘレン